お手軽な催眠でリラクゼーション効果を得る

『催眠』という言葉には何かしら、魔術的・呪術的な、もしくは、フィクションじみた雰囲気が含まれているように感じます。前者の感じ方は、目の前で糸を結んだコインを揺らして見せるような、自我をコントロールできなくなく系統の催眠を連想させます。後者の場合には、ステージの上でマジックの補助をするような、どこかエンタテイメントじみたイメージを抱きます。いずれにしても身近とは言い難いものですが、しかし、自分の家で、簡単にできる「催眠」があります。これは文字通り、「眠り」を「催す」こともある、セルフリラクゼーション法と呼ばれている方法です。まずは、楽な姿勢で横たわります。枕をしても、しなくてもよいです。大切なことは、自身が楽であるかどうかです。次に、目を閉じ、全身が楽になっているかどうかをゆっくりと、体の部位をイメージして、点検します。次に、腹式呼吸をおこないます。呼吸によって動く体の各部位に意識を集中します。こうしているうちに眠ってしまっても、それはそれでよいそうです。

催眠の医療分野での普及の現状

催眠、と聞くとどんな事をイメージするでしょうか。催眠療法や催眠術、人によっては様々なワードが浮かびあがることでしょう。テレビ等でよく特集が組まれていることがありますが人間の潜在的な能力や暗示を引き起こす手段の一つなのかもしれません。よく術に掛かりやすい人と掛かりにくい人がいると聞きますが、決して特別な事ではなく誰しもが入る事の出来る現象です。イメージとしては電車の中でうたた寝をしている状態に近く、ふわふわとした感覚です。アガリ症の人の治療に用いられたり、対人恐怖症を改善する為に使用される事もあるようです。これらは潜在意識に働きかける事により改善をもたらしているがまだまだ医療での普及はしていないのが現状です。医療に用いる試みもアメリカでは積極的に行なわれているが、日本では積極的な医療機関は限られています。

催眠で野菜嫌いを克服すしようとする人たち

食べ物の好き嫌いに関する悩みに苦しまされている人は大勢居られるもので、野菜嫌いが悪化しすぎたせいで、栄養バランスが崩れてしまっている人も珍しくありません。自分もそうだという方が居られるのであれば、催眠療法によって野菜嫌いを克服する事を目指し、栄養バランスの偏りを改善出来ないかチャレンジをしてみてください。野菜の食感が苦手だという方であれば、暗示で食感を愛せる様になる人も居れば、野菜の香りまで好きになる事を目指せます。まだ子供の内に野菜嫌いを治しておいた方が、心と身体の成長に良い効果を与えやすいですから、なるべく早い段階での治療を考えなければいけません。催眠療法というのは子供に適した治療法も用意してくれているので、子供を不安がらせる事無く野菜嫌いの克服を目指せます。親子揃って治療を受けている人も居られたりと、日本でも催眠療法は広がりを見せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*